※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

看護師の日常・雑記

看護師が抱えるストレスとストレス解消法【5つの方法で心身ともにリフレッシュしよう!】

スポンサーリンク

看護師は日々患者さんの命・健康を守るために尽力していますが、その反面、看護師自身がストレスを抱えることが少なくありません。新型コロナウイルスの影響もあり、業務が更に多忙、煩雑となりストレスは更に増していることでしょう。

本記事では、看護師が抱えるストレスと、ストレスを解消するための5つの方法を紹介します。ぜひ参考にして、心身ともにリフレッシュしましょう。

看護師が抱えるストレスとは?

看護師は、患者さんの命・健康を守るために尽力する一方で、多忙な業務人間関係のストレス患者さんの病状や急変によるストレスなど、様々なストレスを抱えることがあります。

また、ストレスを抱えた状態で仕事をすることでミスや判断力の低下などが起こり、医療ミスのリスクも高まることがあります。

ストレスは体調不良や看護の質低下につながります。医療ミスなんて起きたら大変…!ストレス解消法はありますか?

ストレス解消法

①運動する

運動は、ストレス解消に有効な方法のひとつです。運動をすることで、脳内でエンドルフィンという物質が分泌され、気分がアップしたり、ストレスを解消する効果があります。

看護師でも、短時間でできるストレッチやウォーキング、ヨガなど、自分に合った運動を選んで実践することができます。また、自宅でできる運動もありますので、忙しい看護師でも簡単に取り入れることができます。

最近はYoutubeをみれば簡単に短時間でヨガや宅トレができるようになりました!

②食生活を改善する

食生活を改善することも、ストレス解消に有効な方法です。

忙しい看護師でも、簡単にできる食事の改善方法があります。例えば、野菜や果物を多く摂ることで、ビタミンミネラルを取り入れることができます。また、食事中にはゆっくりと噛むことで、ストレスを軽減する効果があります。

ジャンキーなものを食べたくなる気持ちもわかります…!ストレス解消を目的とするならバランスの良い食事をとることやゆっくり噛んで食べることも大事です!

③リラックスする

リラックスすることも、ストレス解消に有効な方法のひとつです。リラックスすることで、心身がリフレッシュされ、ストレスを解消する効果があります。

忙しい看護師でも、手軽にできるリラックス方法があります。例えば、深呼吸をすることや、音楽を聴くこと、アロマを使うことなどです。

好きなことをする、好きな音楽や好きな香りに囲まれることは最高のリラックスになります!

④趣味を楽しむ

趣味を楽しむことは、ストレス解消やリラックスするために有効な方法のひとつです。趣味は、自分自身のために時間を割くことができるため、日々の忙しさやストレスから解放されることができます。ここでは、趣味を楽しむメリットについて紹介します。

ストレス解消になる

趣味を楽しむことで、日々のストレスを解消することができます。趣味に没頭することで、自分自身をリラックスさせることができます。

やりがいを感じることができる

趣味に打ち込むことで、新しいことを学ぶことができたり、自分自身の成長を感じることができます。また、趣味を通じて、他の人との交流やコミュニケーションができることもあります。

充実感を得られる

趣味に熱中することで、自分自身が充実した時間を過ごしていると感じることができます。日々の忙しさやストレスから解放され、自分自身を大切に思える時間を過ごすことができます。

⑤環境を変える

環境を変えることで、ストレスを解消することができます。看護師が感じるストレスは、職場や自宅での環境によっても大きく影響されます。

まずは、自宅でできることから始めてみましょう。自宅の環境を整えることで、リラックスすることができます。例えば、部屋の模様替えをしたり、好きな音楽を流したり、アロマテラピーを取り入れたりすることで、ストレスを解消することができます。

また、職場の環境を変えることも大切です。職場でのストレスは、人間関係や業務量環境などによって引き起こされます。職場の環境を整えることで、ストレスを軽減することができます。

看護師最大のストレスはやはり職場環境や人間関係でしょう…。

転職について悩まれている方は「絶対に後悔しないための看護師転職!」をご覧ください。

https://qq-nursing.com/1331/

最後に…

忙しい看護師でも取り入れられそうな簡単の方法を紹介したので、ぜひ実践してみてください。

ストレスを解消することで仕事に取り組む力も向上し、患者さんの命・健康にも良い影響を与えることができます。看護師として、自身の健康管理も大切にしてより良い看護を提供していきましょう。